スカラスティックの
Phonics Workbook、とても気に入っています。

CTP絵本で
英語絵本の聞き流しと読み聞かせをしても、

いつかは英語を書く、わけです。

で、
アルファベットを覚えたり、
書いたりします。

そして、
Phonics Readersでフォニックスを読んだりして
ルールに少し気が付いたりするわけです。

でも、
やっぱり、書かなきゃということで、

Phonics Workbookが良いかなと思っています。

フォニックスの学び方として、
子音や母音の順に練習していくことが日本では多いですが、

フォニックスレベルKは、
「フォニックスの勉強をしているんだよ・・」と
気付かせずに、学んでいけるんです。

これ、大切ですよね。

アルファベットを学んでいるように、
aからzの順番で進んでいきますから、

自然です。


なんといっても、
お奨めの理由はCDがあること。

ワークブックで問題に取り組んでいきますが、
各レベルとも、
ミニブックを作れるようになっています。


そして、そのミニブックにも朗読の録音があること、

レベルKでは、1冊8ページのミニブックを26冊、作ります。

8ページとはいえ、
26冊ですから、読めるとうれしいです。

ミニブックは、お子さんの手の平サイズでかわいいです。

ページを切り使うので、
もちろんハードカバーでも、
ペーパーバックでもありませんが、

たくさん読ませたい、という私のような人にはぴったりです。

ワークブックに、
ミニブック、
そして、CDが揃うシリーズで、

さらに、スカラスティックジャパン制作のミニガイドもあって、

お奨めなセットです。


Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM