CTP絵本4冊セット??って何?
とびっくりされた方いらっしゃるようです。

先日、
CTP絵本6冊セットと
CTP絵本4冊セットはどこが違う?

というご質問を頂きまして、こんな風にお答えしました。
(一部抜粋です)

*****

新しい4冊セットは、以前の6冊セットの組み合わせを変えたものです。

4冊は、4つのカテゴリーから各1冊ずつで難易度が少しずつ上がっています。

6冊セットは、同じカテゴリーから6冊選ばれていて難易度にはばらつきがあります。


例えば、
英語の聞き流しだけでしたら
難易度にばらつきがあっても問題ないと思います。

少し英文も言えるようになり、
聞こえた英語を真似ることができる年齢の場合
難易度が少しずつ上がる方が真似やすいと思います。


*****

メールではお名前が入っていたので一部、変えました。

時々、
お客様からMATHなど、ちょっと覚えにくい・・とお聞きすることがあります。


確かに、
特に日本人には難しい部分は、
(単位やお金など)なじみが無く覚えにくいです。

かといって、
スルーしたくない、とも思っています。


MATHばっかりのセットは使いづらいかもしれませんが、
各カテゴリーから1冊ずつなら良いバランスです。


================

そして、
CTP絵本ワークブック、
知らなかった!というブログをいくつか見かけたので
ご案内です。

CTP絵本ワークブックの1冊は、
CTP絵本4冊セットの絵本をカバーしています。

CTP絵本ワークブック 1 は、
CTP絵本4冊セット Set1の4冊分の内容になります。

内容的に、
聞き流しをされている小さいお子さんでは出来ないですが、

将来的に
(又は、小学校以上で2巡目、3巡目の場合)
お使いになるとき、
4冊セットの方が、
6冊セットより使いやすいです。

6冊セットをお持ちの方には、
4冊セットへ組み替えて使っていただくことをお奨めしています。

絵本とCDの組み替えは、
MUM'Sのサイトでご覧いただけます。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM