Sight Wordは、見て覚える単語です。

Phonicsのルールに当てはまらない
イレギュラーな単語達です。

Phonicsは、文字と音の関連性なので
子供達はPhonics学習後、
文字をPhonicsのルールに当てはめて読もうとします。

そのため、Sight WordはPhonicsの前にとり組むことをお薦めしています。

Sight Wordは本当にお馴染みの単語が多く
リーディングレベルも低めです。
Phonicsのルールに当てはまらないため
アルファベット学習の前でもOKです。

Phonicsは、文字と音の関連性を覚えるため
アルファベットをしっかりと読めるようになってから
Phonics学習用のReadersを使って下さい。

しっかり読めるし、しっかり書けるようになったら
Phonicsの書き教材をお薦めします。
(ワークブックなどですね)

特に、小文字の a, b, d, p, q は間違いやすいので
要注意です。
(aもブロック体だとd ととても似ているため)

この小文字があやふやだと
その文字の上に音が乗らない・・というのでしょうか、
基礎がしっかりしないとその上の応用が覚えられません。

しつこいくらい、確認しましょう。

Sight Word教材とPhonics教材の
使用する順番が分からないというお問い合せ
とても良く頂きます。



1

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM